問題情報/KB402み0002

提供: Atelier YS-54 ソフトウェア解説
移動先: 案内検索

KB402み0002について

投稿者名 YS-54
プログラム名 MiO
優先順位 重要
状態 完了
バージョン番号及びビルド番号 Version.1.00 Build.1100ほか。下部参照のこと
サマリ Microsoft Windows XPより前のオペレーティングシステムでMiOを実行しているとき、「音量...」ボタンを押すと内部エラーが発生する問題
メッセージ MiOは、スタンダードMIDIファイル(拡張子:*.mid,*.midi)及びOgg Vorbisファイル(拡張子:*.oga,*.ogg)に対する再生・一時停止・停止操作を行うためのプログラムです。MiOは主に上記のファイルを開く形で使用しますが、Windows XPより前のオペレーティングシステムで起動しているとき、「音量...」ボタンを押すと、外部ファイル呼び出しに関するエラーメッセージのダイアログボックスを表示します。
この問題が発生した場合、プログラムが強制終了され、場合によっては、オペレーティングシステムが不安定になる恐れがあり、対策方法は、最新版(Version.1.13 Build.1113以降)にアップデートすることで解決されます。
この問題の回避方法は、Windows XPより前のオペレーティングシステムで起動しているときは、「音量...」ボタンを押さないこと。◇万一問題が発生してしまった場合は、MiOを再起動し、何も行わずにそのまま終了すること。――が挙げられます。
この問題の技術情報は、MiOが音量ミキサを呼び出そうとして、それが見つからないために発生するものです。MiOは本来、Windows XPまでの「ボリューム コントロール」と、Windows Vistaの「音量ミキサ」に対応していなければなりませんが、音量ミキサしかコントロールできなかったことが原因です。この問題が発生すると、プログラムは強制終了される上に、Vox.dllにドライバの解放及び破棄の操作を行えなくなってしまいます。この問題が繰り返し発生すると、システムへの負担がかかり、不安定になる恐れがあります。

(2009年11月6日 追記)Version.1.13 Build.1113からは、「音量ミキサ」と「ボリューム コントロール」の両方が呼び出せるようになりましたが、パラメータの与え方を間違える(例えば、Windows Vistaで実行するのに“/sndvol32”を与える)と、同様の問題が発生します。取扱説明書にある使い方を守っていただければ、このような問題が起こることはまずありません。万一問題が起こった場合は、回避方法にある方法を実行してください。

その他影響を受けるバージョン

  • Version.1.01 Build.1101
  • Version.1.13 Build.1113以降の全バージョン